お客様のご要望をより良い商品に、お客様の笑顔を大切に。ナッツとドライフルーツの金鶴食品です。

金鶴食品製菓株式会社

金鶴食品が選ばれる4つの理由
ホーム > 会社概要

会社概要

戦後の映画ブーム。楽しい時間のお供のピーナッツが金鶴食品の歴史のはじまりです。

沿革

昭和20年 東京都足立区千住東町に於いて、創業者 金鶴吉次が主に落花生の製造業を開業。戦後の映画ブームに乗り、劇場・映画館等の売店に納入を任され、菓子類・ピーナッツを販売開始。
昭和31年 米菓子の製造を開始。東京都荒川区尾久に米菓工場として第二工場を設ける。
昭和34年 販売先の拡大、取扱い製品の増加にともない、工場を一括し東京都足立区へ移転。
昭和38年 金鶴食品製菓株式会社として株式組織に変更。
昭和40年 東京都上野アメ横に直販部として株式会社みなとや食品開設。仲間卸、珍味問屋等へと販売も拡大し、米菓子、砂糖菓子製造部門を、カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオ等の木の実製造に転換。 株式会社カナヅル設立。
昭和50年 菓子、食品、飲料、生鮮、日配品の卸業を開始。
昭和63年 金鶴一男が代表取締役に就任。
千葉県八街市に工場用地購入。
平成5年 東京都足立区平野に冷蔵庫パッキングセンターを新設。
平成24年 金鶴友昇が代表取締役に就任。
新工場建設の為に埼玉県八潮市に土地を取得。
平成25年 新工場建設開始。
平成26年 2月12日 新工場稼働開始。

理念

お客様のご要望をよりよい商品に
お客様の笑顔を大切に
常にお客様の心に応える行動に徹し、
社会に貢献する

アクセスMAP

金鶴食品製菓株式会社
八潮工場 埼玉県八潮市浮塚923-1
電話  048-995-5011
FAX 048-995-5022


大きな地図で見る

社長メッセージ

社長近影
代表取締役 金鶴友昇

この度は弊社のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
金鶴食品製菓株式会社は昭和20年の創業以来、常に社会の娯楽の変化やお客様の好みに歩調を合わせ、お客様のご要望を形に変えて笑顔を大切に営業をしてまいりました。

お客様の希望の数だけ商品があります。よって私達の商品はお菓子売り場だけでなく、青果コーナーや、製菓材料として、またはお酒のおつまみとして様々なシーンにご利用いただいております。
生産管理は複雑ですが、創業以来希望を形にしてまいりましたので、複雑のなかからきちんと管理を行っております。お客様に育てていただいたノウハウです。

お客様の希望を迅速にお答えすべく、弊社の営業マンだけでなく、お客様をサポートさせていただく後方支援のスタッフも商品知識、裏面表示、常にお客様のご質問にお答えできるよう常に勉強をしております。
これもお客様のご希望を最高の形に変える一つの行動です。

金鶴食品製菓株式会社はお客様に貢献し、社会発展に貢献するという存在意義のもとこれからも一歩一歩前進してまいります。

関連会社

株式会社カナヅル

和風練り製品を主体とし、飲料・食品を取り扱う会社です。
安くて新鮮な商品をスピーディーにお客様のお手元へ届くよう物流システムを構築いたします。
ナッツ・ドライフルーツ等、グロッサリー部門の対応も万全です。

金鶴食品が選ばれる4つの理由